グラフィックスのIROM
まんが
グラフィックスのIROM サイトマップ IROMのサイトについて
孤島の風景
ショートショート
雑文(音楽編)
雑文(思いつき編)

孤島漫画
はめ絵
孤島の男
実際に太平洋の真ん中の孤島に流れるついた男というのは悲惨この上ない。
数日間の命と覚悟せねばなるまい。
しかし、そういう背景の中でこそユーモアが生まれる。

孤島漫画の主人公はどこか間が抜けている。
間抜け男を題材に書くのは私の得意とするところである。 私の感性で書くと絵も文も間抜けになる。
あははは。ほっといてくれ。

孤島の風景(1)
やっぱり材料が少なすぎたようだ


孤島の風景(2)
つれすぎるとうのも考えものか


孤島まんが(3)
この島の難点は満潮になると
陸がなくなるということだ


孤島漫画(4)
おまえはいったいここでどういう生活をしてきたんだ


孤島マンガ(5)
代金は銀行振込をすると言ってたが
   何かだまされているような気がしてならない


孤島漫画(6)
空き缶を捨てるな!!


孤島まんが(7)
やや 君はいったいどこからやって来たんだ


孤島漫画(8)
この湖にはコイがいますかねえ


孤島マンガ(9)
大丈夫だ
あとで サメの胃袋からだしてやる


孤島漫画(10)
予約ですか


孤島まんが(11)
いってらっしゃい 気をつけてね


孤島漫画(12)
蚊取り線香を持ってきて
よかったよ


孤島マンガ(13)
おまえの考え
わからないでもないが・・・・


孤島漫画(14)
このジャングルにシカの一匹くらい いるだろう


孤島まんが(15)
しまった
船を造る材料を
残しておくべきだったかもしれない


孤島漫画(16)
ねえ ほんとに石油がでるんですか


孤島マンガ(17)
断絶


孤島漫画(18)
たまには一人にしてくれ


孤島マンガ(19)
何か重大な発見をしたような気がしてならない


孤島4コマ漫画

最後まで見ていただいてありがとう。

[↑ このページの先頭]
Soseki Natsume