弦楽器図鑑

弦楽器 図鑑

タラワンサ tarawangsa

タラワンサ tarawangsa

タラワンサは、インドネシア(Jawa)の弓奏楽器。
弦は、短い弦と長い弦が張られていて、メロディ弦は奏者から見て右側の短い弦。
農作物に感謝する儀式に使われる楽器。儀式の音楽には 箏の仲間のジュントレン(下のイラスト)とのアンサンブルで演奏する。

ジュントレン jentreng

タラワンサとのアンサンブルでは、ジュントレンがアルペジオを奏でる



東南アジアの弦楽器

ダン バウ
(ベトナム)
ダン チャン
(ベトナム)
ダン ダイ
(ベトナム)
ダン ニー
(ベトナム)
ク・ニー k'ni
ク ニー
(ベトナム)
チェレンプン celempung
チェレンプン
(インドネシア)
ササンド sasando
ササンド
(インドネシア)
ハサピ hasapi
ハサピ
(インドネシア)
ルバブ rebab
ルバブ
(インドネシア)
サウン・ガウ saunggauk
サウン・ガウ
(ミャンマー)
サペ sape
サペ
(マレーシア)
ヘゲルン hegelung
ヘゲルン
(フィリピン)
キム kim
キム
(タイ)
スン sueng
スン
(タイ)
ソー・サム・サイ saw sam sai
ソー サム サイ
(タイ)
ソー・ウー saw u
ソー ウー
(タイ)

はじく

こする

たたく