グラフィックのIROM ホームページ 壁紙作成ツールのIROMサイトマップ b素材作成のIROMについて
ステレオグラム

立体視、視線はディスプレイの向こう側
立体視を体験するのはなかなか難しいものです。
高いところから下を見ると怖いのですが、これは人間にそなわった自分の身を守る本能なのです。 ステレオグラムを立体で見るには目の前にある絵を 直視しないで、遠い目線で絵の向こう側を見るようにするといいのだけれど、 本能はちゃんと焦点をあわせるように働くんだからね。立体視は高い場所でも怖くないようにするのと同じくらい難しい。
だけど、ちょっとやってみよう。意識して呆けた顔をすれば目線は自然と遠くになる、かな。

ステレオグラム
Stereogram
うまく見ることができたらちょっと感動。
絵の中心あたりからビヨーンと丸い突起が向かってくる。そう1m弱の長さかな。つまり視線は1m先を見るってことか・・・そうでもないか。
ステレオグラムを作るためのフリーソフト
StereoPict
StereoPict
上のステレオグラムは、帽子屋さんの「StereoPict」を使わせていただきました。


そらはうたたね(帽子屋)のホームページ

IROMSOFT