弦楽器図鑑 HOME

弦楽器 図鑑

ビオラ・ダ・ガンバ viola da gamba

ビオラ・ダ・ガンバ viola da gamba

ビオラ・ダ・ガンバは、ヨーロッパの古楽器。 viola da gambaはイタリア語で「脚のビオラ」という意味(古い時代 viola は弓奏楽器の総称だった)。
16世紀〜18世紀ごろのヨーロッパで使われてた楽器で、演奏方法はチェロと似ている。両脚の間に楽器本体を挟んで弓を使って音を出す。フレットがついているが、ギターやマンドリンのように金属をはめ込んだ固定式ではなくガットをネックに巻きつけてあり、移動も可能である。
大小様々な楽器が作られており、音の高い方からトレブル、アルト、テナー、バスがあり、最低音楽器にビオローネがある。このビオローネが改良されて現在のコントラバスができあがったという。



脚に挟んで演奏する


アルペジョーネ


リローネ


チェロ


チュニリ


モリンフール


スカ

はじく

こする

たたく