弦楽器図鑑

弦楽器 図鑑

説明

はじく

こする

たたく

チター zither カーヌーン qanun オートハープ autoharp カンテレ kantele グスリ gusli ステッセル リュート Stoessel lute コクレ kokle バンドーラ bandura とんこり tonkori アパラチアン・ダルシマー appalachian dulcimer ダンバウ danbau やくもごと 八雲琴 スチール・ギター steel guitar イナンガ inanga バリハ valiha ササンド sasando ピンピア pinpia チェレンプン celempung カチャピ kacapi チャケー jakhe そう 箏 ダンチャン dantranh グーチン guqin グーチェン guzheng ヤトガ ハープシコード スピネット spinet


グランドハープ harp コンホウ 箜篌 サウン・ガウ saunggauk コラ kora ボロン bolon アドゥング adungu ワンビ wambi プリュリアーク pluriarc ムベト mvet ニャティティ nyatiti ベゲナ begena カマク khamak エクタラ ektara


リュート lute ウード oud キタローネ chitarrone ブズーキ bouzouki ピパ 琵琶 リウチン 柳琴 ドゥタール dutar サズ saz ドンブラ dombra ゴプズ gopuz ドターラ dotara コムズ komuz バンドリア bandurria マンドリン mandolin ポルトガル・ギター portuguese guitar ドムラ domra タンブール tanbur バンジョー banjo ユエチン yueqin ルアンシェン 阮咸 ダン・グエット エコンティン akonting トゥンビ tumbi スン sueng クラチャッピ krachappi ラワープ rawap スワーバット swarabat ギタロン guitarron ビオラ デ コチョ viola de cocho カバキーニョ cavaquinho ウクレレ ukulele ボルドヌア bordonua チャランゴ charango ギター guitar リゾネーター・ギター resonatorguitar バラライカ balalaika チャンズ chanzy タール tar サロッド sarod タンプーラ tanpura シタール sitar ビーナ veena ドシプルール しゃみせん 三味線 さんしん 三線 サンシェン 三絃 ダンタム dantam ダンダイ dandai ポンダー pondar ビオラ・デ・ブリチ viola de buriti ンゴニ ngoni ハサピ hasapi サペ sape ヘゲルン hegelung

はじく

こする

たたく


撥弦楽器:弦をはじく楽器
指やスペクトラム(ピック)などで弦をはじいて音を出します。空洞の箱によって音を増幅しますが、音響ボディ表面は「木の板」または「獣の皮」をはったものに大別できます。
形状は、慣例的にそれぞれの楽器の代表的な名前を用いて「チターの仲間」「ハープの仲間」「リュートの仲間」に分けることができます。

チターの仲間
チターの仲間 弦楽器の中では単純な構造で、音響ボディの表板に並行に弦を張っています。弦楽器ですから最低でも1本の弦が必要ですが、音響ボディを大きくすれば弦の数を増やすことができるので チターの仲間は100本以上の弦を持つものもあります。 チターの仲間はもともと単純な構造なのですが、ハープシコードやスピネットのように鍵盤がついて複雑な構造をしたものも開発されてきました。

ハープの仲間
ハープの仲間 音響ボディから飛び出すように弦を張っています。弦のまわりには空間があるので両手を使って弦をはじくことが可能です。
また、一般的にハープとよばれていますが、リラの形をしたものがあります。リラは、チターの仲間と同じ様に音響ボディと並行に弦を張っていますが、本体から伸びた「神社の鳥居」のような枠組みで弦を支えています。

リュートの仲間
リュートの仲間 音響ボディの表板と並行に弦を張っていまが、ネック(棹)をそなえているのが特徴です。弦の長さを調節して音の高さを変えることができるので弦の本数が少なくても思い通りの音が出せます。


このページは、イラストでの目次ですが、もう一度 [はじく] の項目をクリックすると楽器名のインデックスになります。


はじく

こする

たたく