弦楽器 図鑑

弦楽器 図鑑

びわ 琵琶

琵琶は、日本の弦楽器。
中国の琵琶(ピパ)が伝来したものであるが、中国では大胆に改良が行われていて西洋音楽のスケールも弾きこなせるようになっている。比べて日本では、各地で派生楽器があるものの、基本的な伝統は守り受け継いでいる。現在にいたっては日本の琵琶と中国の琵琶では、形も機能も演奏方法も随分と違う楽器になっている。


楽琵琶(がくびわ)

楽琵琶

楽琵琶は、雅楽で使用され、日本の琵琶の中では一番大きい。大きな胴体に細く短めな棹(ネック)が付いていて柱(フレット)は低い。 単独で演奏されるのではなく、ほとんどが合奏の中で使われる。ビビリ音を出すサワリの機構は付いていない。
楽琵琶と同様な琵琶で平家琵琶があり、平家琵琶は、単独で弾き語りの際に使われる。

楽器図鑑:楽琵琶の奏者
雅楽で使用される楽琵琶


筑前琵琶(ちくぜんびわ)

筑前琵琶

筑前琵琶は、盲人の僧侶が使う楽器として発展した盲僧琵琶を元に派生した琵琶。新しい琵琶音楽のための楽器として明治時代に広まった。
4弦が標準であったが、音の幅を広げるため5弦の琵琶が考案され多く普及している。 5つの太い柱(フレット)が取り付けられており、大きめのバチではじく。 ビビリ音を出すための サワリの機構 が組み込まれている

楽器図鑑:筑前琵琶の奏者
筑前琵琶

筑前琵琶は 盲僧琵琶の流れをくむ楽器。4弦であったものを改良し5弦の琵琶も普及している。ほぼ、垂直に立てて構える。


薩摩琵琶(さつまびわ)

薩摩琵琶

薩摩琵琶も、盲僧琵琶の流れをくむもので、当初は武士の教養のための語り物をさし、その芸術音楽のジャンルのこと。また、それに使う楽器の名称として薩摩琵琶がある。

楽器図鑑:薩摩琵琶の奏者
薩摩琵琶

弦は標準の楽器では4弦で、大きな撥(バチ)を使う。


盲僧琵琶(もうそうびわ)

盲僧琵琶

盲僧琵琶は、奈良時代に大陸より渡来した楽器がもとになっている。古くから琵琶の伴奏で経文を唱えていた盲僧に用いられていた。小柄で細いボディが盲僧琵琶の特徴。 琵琶は宗教を離れ、娯楽的な要素を持つ音楽(語り)にも使われるようになり、日本各地で語りの形式やそれぞれの流派による新しい楽器も作られていった。

楽器図鑑:盲僧琵琶の奏者
盲僧琵琶


日本の琵琶 大きさや形状比較

楽琵琶/平家琵琶/盲僧琵琶/薩摩琵琶/筑前琵琶

日本の琵琶では雅楽で使う楽琵琶が一番大きい。平家物語の語りで使う平家琵琶は楽琵琶から派生したもので楽琵琶と比べると少し小柄だが作りは似ている。
盲僧琵琶は、背の高い柱(フレット)が付いていて、ボディサイズは小型のものが多い。特に小さく細いものは笹琵琶との名称もある。
薩摩琵琶筑前琵琶は盲僧琵琶の影響を受け、楽曲、流派、奏法などによりそれぞれ改良されてきた。


日本の弦楽器


しゃみせん


さんしん


こきゅう


クーチョー


やくもごと


とんこり


正倉院の宝物 ‥‥ 正倉院に保管されている弦楽器

はじく

こする

たたく