モバイル対応 弦楽器図鑑 HOME

弦楽器 図鑑

エコンティン akonting

アフリカ ジョラ族の楽器 エコンティンの演奏者 イラスト akonting

エコンティンは、西アフリカの撥弦楽器。
セネガル、ガンビア、ギニアビサウに住むジョラ族(Diola people)が愛用する楽器で 棒状の長いネックを持つ。
3本の弦それぞれは、ネックの途中から取り付けられており、開放弦での長さが異なる。音響ボディはヒョウタンで表面は皮張り。

エコンティン akonting

北アメリカで完成した バンジョー は、アフリカの弦楽器が元とされる。
おそらくは、音楽好きの黒人達が複数の故郷の楽器の意匠を取り入れ、アメリカ内で手に入るその辺の雑多な材料からバンジョーを作ったのだろう(初期のバンジョーはフレットが付いていない)。
バンジョーの祖先をひとつの楽器に特定する必要は無いないのだけれど、このエコンティンは、長い弦でメロディを弾いて、短い弦で装飾音を出すという演奏方法を持っている。 これは、現在の5弦バンジョーの構造であり演法である。数あるアフリカの楽器の中でもエコンティンは、バンジョーの生育に大きく影響を与えたのだろうと想像できる。


アフリカの弦楽器

イナンガ
イナンガ
コラ
コラ
ボロン
ボロン
アドゥング
アドゥング
ワンビ
ワンビ
ニャティティ
ニャティティ
ベガンナ
ベガンナ
ゲンブリ
ゲンブリ
ンゴニ
ンゴニ
インザド
インザド
オルトゥ
オルトゥ
マセンコ
マセンコ

はじく

こする

たたく