弦楽器図鑑 HOME

弦楽器 図鑑

インザド imzad (inzad)

インザド imzad

インザドは、アフリカのサハラ砂漠西部のトゥアレグ族の弓奏楽器。
トゥアレグ族は、女系社会ということで、かなり女性に自由が与えられているとか。それがどういう具合に関係しているのか、また関係ないのかは不明だけれども、インザドは女性が奏でる楽器である。唄の伴奏に使われることが多い。
大きなヒョウタンに皮を張った共鳴胴を持ち、湾曲したネックには弦が1本だけ。そして、まさしく「弓の形をした弓」で演奏する。大きさは一定しておらず、音響胴の直径は20cmぐらいから、大きなものでは40cmくらいまで様々。



アフリカの弦楽器

イナンガ
コラ
ボロン
ボロン
アドゥング
ワンビ
ニャティティ
ベガンナ
ゲンブリ
ゲンブリ
ンゴニ
エコンティン
オルトゥ
マセンコ

はじく

こする

たたく