モバイル対応 弦楽器図鑑 HOME

弦楽器 図鑑

ゲンブリ guembri

ゲンブリの演奏者 イラスト

ゲンブリは、モロッコで使われている撥弦楽器。共鳴ボディは皮張りで、丸棒状のネックがささっている。
エコンティン や ンゴニ と同じくネックの途中から弦が張られていて、それぞれ長さが異なる。 皮張りのエコンティン、ンゴニ、そして このゲンブリは、アメリカ合衆国で発展した バンジョー の元になった楽器だと云われている。アメリカに連れてこられたアフリカの人たちは 故郷の楽器を思い浮かべ 皮張りの弦楽器を作ったのだろう。
バンジョーには、クロウハンマー演法(claw-hammer style)といって、ちょうどデコピンのように人差し指や中指の背中(爪の部分)で弦を上から叩きつける弾き方があるが、このテクニックもゲンブリが元になっているのではなかろうか。


アフリカの弦楽器

イナンガ
イナンガ
コラ
コラ
ボロン
ボロン
アドゥング
アドゥング
ワンビ
ワンビ
ニャティティ
ニャティティ
ベガンナ
ベガンナ
エコンティン
ゲンブリ
ゲンブリ
ンゴニ
ンゴニ
インザド
インザド
オルトゥ
オルトゥ
マセンコ
マセンコ

はじく

こする

たたく