弦楽器 図鑑

弦楽器 図鑑

オルフィカ orphika

オルフィカの演奏 orphika

オルフィカは、超小型のピアノ。1800年ごろ、オーストリアで作られて、ドイツなどでもはやりの楽器だった。
小型の中でもさらに小型のものは、2オクターブほどの音域しかないけれども肩にかけて演奏することもできた。 3オクターブ以上の少し大きい目のオルフィカは、卓上形で脚付きのものもある。

オルフィカのイラスト

携帯できる大きさのオルフィカは、ストラップで吊り下げて演奏をすることもできた。現在のピアノと同じくハンマーで弦を叩く構造を小さなボディにおさめている。高い製作技術での複雑な構造の割には音楽としての表現力が乏しかったのかもれない。 この「アコースティック・ショルダーピアノ」は、短い期間ですたれてしまったようだ。



鍵盤のある弦楽器


鍵盤グスリ


クラビコード


スピネット


ピアノ


ハープシコード

はじく

こする

たたく