弦楽器図鑑 HOME

弦楽器 図鑑

スピネット spinet

スピネット spinet

スピネットは、16〜18世紀頃、家庭用の鍵盤楽器としてヨーロッパで流行した。 鍵盤を押さえると弦をはじく構造になっていて、小型の ハープシコード(チェンバロ) というべき楽器。 ハープシコードは高級で高価であってプロフェッショナルが演奏する楽器だけれども、スピネットは小型軽量で装飾も簡易であるため一般家庭でも普及したのだろう。

スピネット spinet

弦を斜めに張ることで全長が短くなり小型になっている。



鍵盤のある弦楽器


クラビコード


オルフィカ


鍵盤グスリ

はじく

こする

たたく